入居して貰わなければ始まらない

当社賃貸管理物件入居率  99.6%  平成26年7月8日現在

= 物件募集 :物件が不足しております =

今決断の時です過去の不動産屋との しがらみ 大家さんの不動産経営の足を引っ張って

おりませんか? 取り巻く環境が大きく変化しております。

物件を抱え過ぎた不動産屋に大家さんの物件 紹介順位は希望に沿ったものでしょうか?

又、賃貸管理料はどこも同じではありません、是非見直してみてください。

仮に賃料4万円で10室の 場合 賃料合計40万円

・管理料5%とした場合 2万円/月   年間24万円    (消費税含まず)

・管理料3%とした場合 1万2千円/月 年間14万4千円  (消費税含まず)

その差額  9万6千円 にもなります(管理料5%以上のところも多い)。

管理会社によっては、リフォーム代金の上乗せ等をして入居者、大家さんの負担を大きく

しているのに言いなりになっていませんか?

過剰リフォームも必要ありません、入居して貰えるリフォームをすることです、大家さんは

経営者です、不必要な経費は削減しなければなりません。

大家さんの負担が益々大きくなる時代です、又多くの リスクも背負われております。

今まで付き合っていたから、信用してるという言葉は甘美な響きではありますが・・・・・・

空室が多くお悩みの大家さんは是非、管理料は賃料入金額の3%の当社にご相談下さい

最近の賃貸環境
・ 大崎市では大手企業社員の移住が有り、新築物件が増え、既存物件のランクが下がった。

・景気の低迷により、需要が減った(退去者が増え空室も、うまらない)。

・ニーズの変化:入居時費用、設備(追炊き、トイレ等)、駐車場台数。

・商習慣の崩壊:原状回復、敷金問題=マスコミ、インターネット、消費者センター等から

知識、対応を入手しやすくなった。

・家賃滞納での取立交渉、退去が難しくなった(なる):法律の整備(入居者の保護)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※参考 ドリームワン、アメリカンドリーム中野さんからの情報

大家さんが管理会社を見捨てはじめた

空室が増えているのに、なぜか空室情報が出回らない、流通していない。

最近、そんなことを感じませんか?。それには下記のような理由があります。


1)元気がない管理会社が増えている。営業力不足、資金不足が影響?

  資金難にあえぐ管理会社が空室の広告や募集ができなくなってきた。

  自社で決められない、客付け営業力が無いのが管理会社の実態。

  すでに大家さんは見抜いています。

2)大家さんは管理会社を見捨て、募集依頼で仲介会社廻りに奔走。

   大家さんが仲介会社を回って気がついたこと。

   1、所有の空室は他の不動産業者に流通させていない事実。

   2、管理会社が他社にホームページ掲載許可をしていなかった事実。

以上

当社は国土交通省登録の 賃貸住宅管理業者 です

国土交通大臣(1)第69号

ご一緒に満室を目指しましょう。

ご質問・ご意見・お怒りは文責者 佐藤までお願い致します。

mail:sato@ssfudo.com

Copyright (C) 2009 S&S All right reserved